ニューヨーク証券取引所

4日、米国最大の取引所「coinbase(コインベース)」が、三菱UFJフィナンシャルグループと協業し、日本への進出に向けて動いていると日経新聞が報じた。

年内には、仮想通貨交換業への登録を金融庁に申請する見込みだ。

coinbaseと連携する三菱UFJフィナンシャルグループは、2016年7月にcoinbaseへ10億円強を出資しており、米国最大手の参入を支援する形となる。

なお、日本coinbaseの社長には、日米で企業弁護士、三菱UFJモルガン・スタンレー証券での投資銀行員を経て、金融ベンチャー「お金のデザイン」でCOOを務めた北沢直氏が就任する。

coinbaseは、企業価値が10億ドルを超える業界初のユニコーン企業(上場せずに評価額が10億を超える企業のこと)。

2012年の創業以降、現在までで利用者は1300万人を超え、株主にはニューヨーク証券取引所の親会社であるICE(インターコンチネンタル取引所)や、三菱東京UFJ銀行など、有力なメンバーが名を連ねる。

日本の投資家数は、現在約350万人。日本人口の3%程度と、人数こそ少ないものの売買頻度が高く、昨年は仮想通貨全体の取引量の3割を日本のユーザーで占めることもあった。

海外取引所からすれば、魅力的な市場であることは間違いないだろう。今月4日には、取引所「HitBTC」が日本進出を参画するなど、海外取引所の日本進出に向けた動きが過熱している。

金融庁が仮想通貨に対する規制・整備を進めていく中、海外取引所の進出は日本市場になにをもたらしていくのか。

巨人

プロ野球の巨人がお金を賭けて賭博行為をしていたことが連日のように報道されています。その報道によると、プロ野球選手がプロ野球の試合に数十万円単位で日本人の胴元に対して賭けていたことが明らかとなりました。

そして、よくよく調べると巨人の選手たちは逮捕されたかと言えばそうではないことが分かります。巨人の選手は日本の法律で罰せられたのではなく、プロ野球の規範を示す「野球協約」に違反したことで処分が下ったのです。いわゆる「賭博罪」(単純賭博)が適用されて“違法行為”をしたのではないかと勘違いをしている人々、ファンが多いのではないかと思いここで書いておきたいと考えました。

野球賭博に興じていた巨人の選手たちは賭博罪ではなく、「野球協約違反」なのです。


仮に、スポーツベッティングがインターネットを介して楽しめるブックメーカーで賭けをしていたら・・・と思ってしまいます。世界中のあらゆるスポーツのオッズが提供されているブックメーカーならば、イギリスなど海外政府のライセンスを受けているので合法的に運営されています。

例えば、日本のプロ野球のオッズも提供している「ウィリアムヒル」はロンドン証券取引所に上場しているほどの社会的信用が高いブックメーカーです。「賭博=悪」という何となく私たち日本人が思うことは、実はちょっと海の外を見てみると全く真逆のことであることがわかります。

日本でも日本政府が公認するブックメーカーを作ることで、スポーツベッティングを公式的に合法化してはどうでしょうか?そうすれば、国が賭博行為を監視出来て、暴力団などに流れるお金を食い止めることもできるのではないでしょうか?

プロ野球賭博問題を見て、そんなことを感じました。

William Hill